DragonVein projectがチャイナモバイルWorldwide Partner Conference 2017に参加しました

2017年11月23日から25日の間、DragonVeinブロックチェーンプロジェクトは、チャイナモバイルのグローバルパートナーの1つとしてチャイナモバイルWorldwide Partner Conference 2017に参加しました。

チャイナモバイルGlobal Partners Conferenceは、「5G」「IoT」「デジタルホーム」「モバイルインターネット」などの8個のテーマに基づいて開催されました。 DragonVeinはVRの分野における5Gネットワークホームエンターテイメントシナリオの紹介とデモンストレーションを行いました。

このイベントで、Dragon Veinはそのテクノロジー、製品、ソリューションを紹介し実演しましたが、その主なハイライトは次のとおりです。

  •  Dragon Vein DvBox:最新のbig.LITTLE技術を使用した強力なCPUを備えたホームエンターテイメント5Gインテリジェントゲートウェイ。全体的なパフォーマンスでは、3つの領域の消費電力とチップサイズが革新的なアップグレードを行っています。
  • Dragon Vein miniVR VRゴーグル:HTC VIVE、Oculus Rift、PSVRなどの主流のVRヘッドセットよりも明るくて軽い、ミニVRゴーグルです。重量105グラム、これは他社製品の20%程度の重量です。高い色域、高精細、800 + PPIというスペックは、長時間着用するのに適しており、非常にクリアなVR体験をもたらします。
  • Dragon Vein BlockchainエッジコンピューティングクラウドVRソリューション:エッジコンピューティングテクノロジーを使用してネットワークレイテンシーを向上させる。またDragon Veinのクラウドゲームソリューションは、高価で高性能PCなしで、Dvboxだけでクラウドコンピューティングに基づいてPCゲームを実行可能になります。

DragonVeinのブロックチェーンテクノロジーを用いた革新的な製品が、チャイナモバイルや多くのパートナーへの「高いユーザーエクスペリエンスとハイコストパフォーマンスのVR体験ソリューション」を提供していくというVR業界の発展に対するポテンシャルを示しました。